協議会概要

おおいたホームタウン推進協議会

 大分市を拠点とし、国内トップクラスのリーグで活躍するスポーツチームとして、大分トリニータ(サッカー)、大分三好ヴァイセアドラー(バレーボール)、バサジィ大分(フットサル)が存在します。これは本市の規模としては、全国的にも稀なことです。各試合会場には、多くの皆さんが足を運び、応援という時間を共有することで地域の一体感が醸成されるとともに、チームが生み出す経済効果や情報発信のツールとしての役割などは、本市にとってかけがえのない財産となっており、大きな魅力と言えます。
 これからもおらがまちのチームが活躍し、地域の誇りとなってもらうためにも、企業、住民、行政が一体となって支える体制を作るため、平成21年7月28日、大分の活力の象徴とも言える3チームを応援するための組織「おおいたホームタウン推進協議会」を立ち上げました。
 より多くの皆さんに地元チームのことを知っていただくと同時に、本協議会を通じて応援する皆さんのネットワークが広がるよう様々な取り組みを実施し、ヨーロッパで実現されている「地元のクラブを地域が支える」という体制を、本市でも目指していきます。

タウスポおおいたシンボルマークイメージ

シンボルマーク

大分の「O」でスポーツを楽しむ姿、力強く躍動する姿を表し、地域が一体となってチームを応援、支える姿を表しています。

愛称

ホームタウンとスポーツを略したもの。

みなさん「タウスポおおいた」をよろしくお願いいたします!

事務局
大分市企画部文化国際課内
所在地〒870-8504 大分市荷揚町2番31号
電話番号097-537-5663
FAX番号097-536-4044
メールアドレスinfo@oita-hometown.jp